リーダーシップ

地球に必要なのは脱亜入欧のインテリジェンス

2022年9月27日

藤原マリア、アラン・ロドリゲス

地球温暖化の最悪の影響を減らすためには、構造的な変革が必要です。大企業は、地球環境にやさしく、かつ費用対効果の高い決断をしなければなりません。

しかし、内面の変化も必要です。企業は人であり、人はもっと気を遣い、もっと日々の習慣を変え、新しい視点を学ぼうとしなければならないのです。そうでなければ、どのような質問をすればいいのか、どのソリューションが会社にとって良いのか悪いのか、どうやって知ることができるでしょうか。私たちは、両方のレベルで変革に取り組むべきでしょう。


私たちがここにいる理由

長年にわたって否定され続けてきた気候変動が、ついにすべての人の頭にのぼってきました。私たちは、二酸化炭素排出量の削減には、私たち個人の日々の習慣や交流が重要であると深く信じていますが、気候の破壊には一握りの産業が最も大きな責任を負っていることは周知のとおりです。私たちには、人々が地球を思いやり、他人のために行動し、日々の習慣や行動を改め、気候変動に関するあらゆることを学ぶという内面の変化も必要ですが、何よりも、構造的な変化が必要なのです。大企業がより良い、より環境に優しい決断をすることが必要なのです。

現在、毎日、別の大企業が気候変動に対するコミットメントを行い、排出量削減目標を設定しているようです。しかし、CDPなどのグループの調査によると、多くの企業が1.5℃の目標を設定しているにもかかわらず、地球温暖化はまだ2.7℃のペースであることが分かっています。そして、私たちにはもう時間がないのです。

私たちは、炭素集約型企業は、炭素とキャッシュフローの両方を考慮した明確なアドバイスなしには方向転換できないという考えから、SINAIを設立しました。物事のやり方全体を見直すことは、どんなに望んでも一夜にしてできることではありません。しかし、大企業は依然として利益を追求し、株主を満足させなければならないのです。

グローバル企業との協働

炭素集約型産業は、その環境影響に対して責任を負わなければなりません。しかし、今、私たちがより強く感じているのは、彼らがこのダメージを回復するために無駄にしている時間はない、という厳しい現実なのです。企業は、気候変動コミュニティからの批判ではなく、支援を緊急に必要としているのです。私たちは共に行動する必要があるのです。

データは答えではなく、重要な第一歩と考えるべきでしょう。「プランのないゴールはただの願望であり、洞察や視点のないデータはただの気晴らしに過ぎません。SINAIが特別なのはこの点です。私たちの脱炭素インテリジェンス・プラットフォームは、主要排出国が自ら設定した目標を達成し、最終的には社会全体を守るために、インサイトを実用化するものです。

私たちが目指すところ

本日、2,200万ドルのシリーズA投資を発表します。私たちの価値観やミッションと密接に連携している投資家とパートナーシップを組めたことを、これ以上ないほど誇りに感じています。彼らは、私たちが社会にもたらす価値を理解し、多様で前向きなビジネスが人々や地球にとって良い力をもたらすという考えを支持してくれているのです。 

私たちが株主に、ひいては地球に提供する価値は、SINAIチームという疲れを知らないリソースによって支えられています。SINAIのリーダーシップチームは55%が女性で、6つの異なる国籍からなるチームがあり、ラテンアメリカからの移民によって設立されました。このような構成は、私たちにとってこれ以上ない誇りです。 

SINAIは、これまでとは違うやり方で物事を進める新世代の企業に属しています。私たちは破壊者ではなく、思慮深い挑発者なのです。革新的で思いやりのある考え方で現状に挑戦し、心と心を通わせながら、新しい地球の礎を築いていきます。 

私たちの成功は、地球の成功。私たちにとって、それらは同じものなのです。

私たちは、地球の自然資本を破壊するのではなく、それを強化することに焦点を当てれば、目的が利益と平和的に共存できると熱く信じています。SINAIが獲得する1ドルは、2つの方法で気候変動を逆転させることができます。 私たちの成功は、地球の成功です。私たちにとって、この2つは同じものなのです。

このような精神で、私たちは新しい地球の低炭素経済を構築するためのコミットメントを推し進めています。

マリア&アラン

SINAI Technologies Inc.の創設者。

SINAI Decarbonization Platform

棚卸資産
会社のインパクトを測定し、統合し、報告する
ベースライン    
将来の排出量を予測し、ビジネスシナリオを検討
低炭素化のシナリオ
モデル排出削減
機会
カーボン
プライシング
目標値、排出量のギャップ、価格、予算の定量化
バリューチェーンマネジメント

のサプライチェーンと協力して、
の製品の脱炭素化を図る。

低炭素革命への参加

デモのリクエスト
全ての記事に戻る